③災害を受けない、最小にとどめるために私たちができることの情報

「東京防災(2015年)」から3年、女性視点を入れてより親しみやすい「東京くらし防災」が2018年に作成されました。

東京くらし防災が教えてくれること

くらしの工夫―今すぐできること15

1.外出先では非常口を確認

2.カーテンを閉めて寝る

3.食器の重ね方をかえてみる

4.包丁は使ったらすぐしまう

5.寝転んで、危険を探してみる

6.日用品は多めに買い置きする

7.行ける時に、トイレは済ませておく

8.生理用品は、もう1週間分買っておく

9.災害時の集合場所を決めておく

10.公衆電話の使い方を子供に教えておく

11.地域の行事に参加してみる

12.災害時のペットの預け先を探しておく

13.ママバックは使った分だけ足しておく

14.チョコレートやキャラメルをカバンに入れておく

15.「東京くらし防災」を読んでみる

それぞれの詳しくは「東京くらし防災」に書かれています。下記のホームページから知ることができます。

http://www.bousai.metro.tokyo.jp/1005427/1005746.html

また本書は世田谷区の各支所、まちづくりセンターにあります。この近隣では九品仏まちづくりセンター(03-3703-2341)、等々力の玉川総合支所(03-3702-1131)です。いずれも電話で在庫を確認ください。

 

30年以内に70%の確率で発生すると予測されている首都直下型。あなたはその準備ができていますか。(2015年発行「東京防災」より)

内容は以下の通りで、災害はなぜ起こるのかなどの知識を正確に科学的に紹介しています。

1 大震災シミュレーション

2 今やろう、防災アクション

3 そのほかの災害と対策

4 もしもマニュエル

5 知っておきたい災害知識

東京防災全文

http://www.bousai.metro.tokyo.jp/1002147/1006044.html

安全のしおり

http://www.bousai.metro.tokyo.jp/book/pdf/jp/20p7o424.pdf